季節のご挨拶

松阪地区では納骨(お墓にお骨を納める)は、お葬儀当日もしくは四十九日の尸揚(しあげ)法要時が多いと思います。当日か尸揚のどちらに納骨するかはお身内・お寺様・地区の考え方によって変わりますが、『早く(お骨を)土に帰らせてあげる』考え方が共通して言えると思います。

ただ、新しいお家(例えば分家筋にあたる)の場合、まだお墓を用意されていない場合も多く、その場合は概ね一周忌(1年間)までにお墓を用意するのが望ましいとされています。 これも地方によって考え方が違い、例えば『伊勢地区ではお墓を用意するのは四十九日までに用意するものだ』と聞いています。

一周忌までの間にも、お彼岸や初盆、百か日法要などに合わせてお墓を作る機会も多く聞きますし、既存のお墓に納骨した場合の『お戒名彫り』も同じ考え方のようです(もちろん四十九日までにお戒名を刻む方もいらっしゃいます)。

最近は伝統的な和風のお墓だけでなく洋墓も増えてきました。篠田山墓地の市民墓地も最近分譲された区画では洋墓のお墓が多く見かけます。デザインも様々なスタイルがあり、故人らしさを表現されているお墓もあります。

遠い将来には自分自身も入る『永遠の家』としてのお墓、日頃から掃除をして綺麗にしたいものです。

ページのトップへ